出産・育児とサロンワークを両立させるための転職【美容師転職100ルールズ】

2016.11.17

qjnavi_1611matome1

 

妊娠・出産・育児に対する理解があるサロンが増え、産休を経て復帰する美容師さんが増えています。一方で、産前産後休暇や育児の予定がある美容師さんを雇い続ける余裕がないサロンがあるのも事実。後者の場合、将来について悩みながら働いているうちに妊娠・出産のタイミングを逃しかねません。そこで今回は、出産・育児を視野に転職をする際、考えたいポイントをご紹介します。

 


 

転職せずに出産・育児ができるのが理想

 

妊娠中の転職活動はなかなか厳しいものがあります。当たり前のことですが、転職してすぐに産休に入ってしまわれたら、雇う側のサロンからするととても困るからです。ですからまずは、今勤めているサロンでの出産・育児を検討して、店長やオーナーに相談することを勧めます。

 

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れて本調子ではなくなること、つわりがひどい場合は思うように働けないことなどを、サロンの責任者に相談して、理解してもらいましょう。出産に備えて、自分の体と相談しながら、少しずつ仕事を引き継ぎ、負担を減らしたいところです。

 

お客さまにもできるだけ早く事情を話しておきたいところ。失客を減らし次のサロンでもお客さまの応援を得られるかもしれません。

 

>知っておくべき助成金

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング

Social request/QJ DAILY 公式SNS

Наш нужный web-сайт , он рассказывает про https://gazon.net.ua.
В интеренете нашел важный блог на тематику СП Станожект купить https://steroid.in.ua
djahostel.com.ua