【PR】私がフリーランスを選んだ理由 Ghost-videos2018年6月号別冊

2018.05.15

 

PART 2 夏には1週間の海外旅行へ! 今を楽しみたい

 

 

 「今できることを精一杯やれる、それがフリーランスの魅力なんですよね」と語る、栢森美和さん。栢森さんはヘアメイクアーティストに憧れ、大阪で4年間働いたのち、東京に移転。ヘアメイクの師匠から「フリーランスの美容師として働く方法もある」と聞いて、リトルクルク銀座2号店で働き始めた。

 「最初の頃は、あくまでもヘアメイクアーティストのアシスタントがメインの仕事で、副業としてサロンワークに入る、という感覚でした。それが何年か続いた時に、サロンから『店長をやらないか』とお誘いをいただいたんです。悩んだ末、『求められているところで仕事をしてみよう』と決め、こちらの仕事をメインにシフトしました」

 

 

もともと、海外旅行が好きだった栢森さんは、現在のワークスタイルを大変気に入っている。旅行資金が貯めやすく、1週間以上の休みも取りやすいからだ。

 「実は、社員にならないかというお誘いもいただいています。女性ですし、安定したお仕事は魅力です。でも、将来どんなふうに働いているかは、誰もわからないもの。それならばフリーランスとして精一杯働いて、海外旅行に行けるうちに、たくさん行っておこうって思っています」

 現在、スタイリストとして働く一方、エリアマネージャーとして3店舗を管理している。その中で、サロンオーナーになるという夢を持つことができた。

 「独立に向けていろんな経験をして損はない。いい経験をさせていただいています」

 

今年の4月は、大阪の友達の結婚式に出席するなど、3連休を2回取得した。休暇を自由に設定できるのがフリーランスの魅力(写真上)。毎年1週間以上のヨーロッパ旅行に行っている。これまでにポルトガル、スペイン、クロアチア、スロベニアなどを踏破!(写真左)。

 

<美容師プロフィール>

ヘアメイク修業期間に

フリーランスという働き方を知った

 

栢森 美和さん

三重県出身。31歳。大阪の有名サロンで勤務したのち、ヘアメイクアーティストを目指して東京へ。憧れのアーティストのアシスタントを務めるかたわら、生計を立てるために始めたのが、フリーランス美容師だった。

 

 

Ghost-videos  2018年6月号(5月15日発売号)別冊より転載

 

協賛サロン一覧

 

 

 

  ライフマガジンの記事をもっと見る >>

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング

Social request/QJ DAILY 公式SNS