髪型のせいで「あなたがZacchino!?」と驚かれます(笑) -イラストレーターと美容師の関係-

2015.06.25

201506_12_1

 

手書きでしか表現できないシュールなイラストでファンを集めているZacchino! (ザッキーノ)さん(本名:野崎みほさん)。キャラクターブローチやチクチク人形、LINEスタンプや6mの巨大な絵など、さまざまなアイテムに、ゆる~い魅力が詰め込まれています。今回はそんな彼女と美容室との関わりについて聞きました。

 


 

 

やりたいことに挑戦せずに死ぬのはイヤ

 

イラストを模したフェルトのチクチク人形、プラ板で作ったブローチ、LINEスタンプなど、手書き風のイラストを百貨店のイベントやWEBショップなどいろいろなカタチで販売しています。作風はシュールとかゆるいとか形容されることが多いですが、「ゆるくてちょっとアブない」というのがコンセプトです。キャラクターが猫のおなかでモフモフしているまったり系のものがあれば、モロに愛し合っているものもあったりと、それぞれやっていることは結構過激なんですよ。

 

先日は代々木上原の「DISH」というカフェで個展を開かせていただきました。目玉は幅6mの絵。友人の家の壁に布を張って、3日くらいかけて描いたものです。活動の幅が広がってきてうれしいかぎりですね。

 

 

201506_12_6

 

でも、実はイラスト一本で食べてけるようになったのは、わりと最近のこと。専門学校を卒業してから、あまり定職に就くことなく、いろんな仕事で食いつないできました。一番長く勤めていたのが旅行系の記事を作っていた編集プロダクション。そこで編集とライティングを担当していました。

 

あるとき、カナダのアフタヌーンについてのコラムに女の子の挿絵を入れることになって自分で描いたんですね。ペンを動かしながら、「私がやりたいのは、やっぱりこっちだ!」って思いました。やりたいことにチャレンジせずに死んじゃうのはイヤだから、仕事を辞めてイラストの世界に入ったんです。

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング

Social request/QJ DAILY 公式SNS

https://best-cooler.reviews

unc-mps.com.ua

www.steroid-pharm.com/t-400.html